ヘッダー画像


引越し時の冷蔵庫の扱い方の注意点

引越しのときの冷蔵庫の運び方、色々とコツが必要です。引越しの日程が決まったら、冷蔵庫、まず空っぽにすることを考えましょう。少なくとも二日前までには食材を使い切りましょう。なるべく冷蔵庫にあるものを使って食事をするようにして、買い足すとしても、少量のものを買うようにします。クーラーボックスなどを活用するのも一つの手です。または、缶詰やレトルトなど、冷蔵庫に入れる必要のない食材をうまく使うなどもよいです。災害時の訓練や準備にもなるかもしれませんね。

image

さて、冷蔵庫が空っぽになったら、引越しの前日には冷蔵庫の電源を切っておきます。これは冷蔵庫についた霜を溶かす目的があります。霜が解けきらない状態で引越しの日を迎えると、運んでいる最中にとけて、他の荷物が濡れてしまう可能性があるためです。水抜きも大切です。


引越し当日には、冷蔵庫の運び方に注意する必要があります。冷蔵庫は寝かせた状態で長時間置いておくと、故障の原因になってしまうのです。業者に依頼している場合には問題ありませんが、自分で運ぶ時には注意して下さい。ちなみに冷蔵庫の下、普段なかなか掃除できません。冷蔵庫を運びだして、初めて冷蔵庫の下の大量なホコリにビックリすることも。せっかくの機会ですから、冷蔵庫の裏や、中の段なども引越しの際にキレイにしておくと、転居先でもまた気持ちよく使えます。

また、家族の引越しではなく、一人暮らしなど単身の転居の場合、ワンルームの部屋にミニ冷蔵庫が備え付けてあったりすることもあります。このミニというやつはペットボトルを入れたり、お酒用の氷を冷凍したりする人には、非常に使い勝手が悪いです。もちろん、料理をする方なら絶対に不便。小さなサイズでも良いので、冷蔵と冷凍の別れたものを買いましょう。その場合、旧居で買うより新居近くの家電量販店で買ったほうが楽でしょう。また、単身赴任をしていた親戚の人からもらえる、そんな人は引越し 単身パックを使って運ぶのがおすすめ。これなら料金を抑えつつ、必要な荷物や家電を送ることができます。
また、さらに荷物が少ない場合は、段ボールに詰めて、ゆうパックや宅急便で送ってしまうというのも手です。ただし、冷蔵庫は運べませんので、こちらは新居で購入するという形になりますが。


口コミ情報 冷蔵庫や電子レンジの電圧

image
関西と関東って電圧が違うんですよね!7〜8年ほど前になりますが、奈良から横浜に引っ越す事になりました。ずいぶん前から使っている冷蔵庫やら、電子レンジがあり、それは奈良で購入したものでした。引っ越しの際に買い替えようかとも思ったのですが、やっぱり勿体ないということで、そのレンジも持っていく事になりました。今でこそ、どこでもちゃんと使えるようになっているんだと思いますが、当時は引っ越すにあたって「電圧の変換」が必要でした。とはいえ、自分でメーカーに問い合わせるにしても、正直言って面倒だし、費用だってかかるだろうし、と躊躇していた私。引っ越しの見積もりの時にその旨を伝えると、ちゃんとメーカーの人に連絡してくれました。おお。後日メーカーの担当者がきて電圧変換をしてくれました。一安心。そんな思い出をちょっと友達としていたら、今はそんなこと必要ないんですね、カルチャーショック。っていうか、やっぱり技術は進んでいるというか、ま、当然ですよね、日本国内でそんな変換が必要だなんて、ちょっと不思議ですものね。それにしてもなんで関西と関東では電圧が違うんでしょうね。境界はどうなってるんでしょう?もし境界を超えてしまったら、どんなに近距離だとしても変換は必要だったのでしょうか。冷蔵庫の方は、その時やっていませんが、いずれにしても、電気屋さんとかも困りそうですよね。